「Gifts From The Fairies」妖精たちの贈り物

今回はこの小説に出てくる”SEE system”の発端となった企画書

通称「Gifts From The Fairies」の内容を記しましょう

—————————————–

世界中の人々のリスクを少しでも少なくしたい

SEE system
このシステムによって得られるもの
このシステムによって失うもの
そして天秤は動き始める

Mick.M

SEE systemの構築プラン

SEE systemとは個人がウエラブル端末等デバイスなどを日常に用い、ドライブレコーダー、防犯カメラのように情報を任意に蓄積してゆき、それらをクラウドなど専門機関などに集積したのち、その情報をもとに関連公的機関などが防犯情報や犯罪抑止、危険回避、事件事故への的確な早急対応など、多岐に運用していくものです

これは昨今の子供への凶悪事件や、数億円もの現金強奪。いじめ、ストーカー、DV事件。また、進みゆく高齢化社会での認知、徘徊などに幅広く対応できるシステムですが、これまでプライバシー侵害の壁に阻まれてきました。
これを今回の改正個人情報保護法に沿う形で構築していくプランをここに提示します
はじめに
これまで犯罪の発生率はたとえ社会が進歩しても大きな変動はなく、今でも悲惨な事件、事故は絶えません。これは人間の精神的な部分での脆弱さによるものや、社会的、経済的な問題など多くの複合要因がありますが、初めにあげた、人間の精神的な部分にスポットを当てたこのsystemは、多くの問題をはらみながらも進めていく価値があるものです。それはグローバル化した社会の中でもはや必然で、その過渡期にこのプランは一石を投じるものとなるでしょう。

概要
・特に子供や女性、高齢者など、犯罪や事故に巻き込まれないでほしい

・街角や施設で防犯カメラをつけたら治安が良くなった実績がある

・街中に防犯カメラがついていたらいいのに

・税金が暴騰しそう

・ならみんなが防犯カメラ持って歩く?

・そんなお金はないし重いし、個人情報とかもある無理でしょう。
それに実際そんな人がいたらなんだか気持ち悪い

・そこでSEE system。これはウエラブル端末等デバイスなどを身に着け「カメラ動いてるよー」と他人に認識してもらい、各国の法令順守した携帯のアプリが勝手に処理していきます。
今は見慣れませんが、このプランを公に広報することで、町内会のみまもり、防犯役員みたいな人たちが信念を持って使い始め、顧客の安全確保などの観点からコンビニから大手複合施設のスタッフ、公共機関、企業に浸透すれば、その先には子供、女性、高齢者などが身の安全のためにつけてるのが当たり前になるでしょう

・結果、メディア界の人たちのように常に人に見られている意識を持って、身のふるまいに気を付ける人がふえ、また、防犯カメラのように犯罪抑止、危険回避などに効果がえられます

※個人データの個人情報は公的機関に沿った企業に委託。保有個人データについてはそこが管理。匿名加工情報、統計情報になるプロセスは法令にのっとったタイミングとなる

 

情報の活用概要
個人個人から集められた情報から、犯罪や、危険回避に関する情報を必要とした公的機関などが情報請求をし、提供。それらからこれまで時間がかかっていた事案や、解決しなかった事案などが解決することに対してのコストの節減分を、報奨金や、情報提供料など対価としてうけとれるようにします。
また、アプリなどから得られるの広告料、販売マージンなども、情報を提供した個人個人に還元していきます。
つまりみんながwin-winとなるsystemです

課題
やはりプライバシー侵害、名誉棄損など、また各国の法令なども一括処理という訳にはいきません。もちろん、写真や映像などを絶対撮られたくない、宗教や、思想によってできないなど、さまざまな問題が起きるでしょう。
ですが、すでに既存の防犯カメラや個人メディアの映像、ドライブレコーダーやネットワークカメラなどが稼働、情報収取しており、SEE systemでの個人のデータ取得目的や、データの第三者提供への本人同意が発生しない個人データ類に属する扱いでの運用は、全くの強風にて進むことが不可能であるというものではありません。
最大の課題は、現在の世界情勢に沿った活用を、例えば特区等で実体化した地域での実績をたたき台として推進することができるか、のような少し手間と時間のかかるプロセスを乗り切るだけの体力を得ることができるかどうかというところになります。

具体的要領
1.
個人個人が個人費用にて携帯端末、カメラ系ウエラブル端末、アプリ(ソフトウェア)、ネット接続回線、データ蓄積用クラウドを入手し、パブリックな場所で装着、使用する。
ネーム SP(Security Project) SP(Security People)

クラウド上のデータは、各法令に準じ匿名加工情報としてGoogleのストリートビューのようなオプトアウト形式で個人が特定されないような映像加工での保存、個人の著作物としての保存が考えられるが、個人データの委託での公益利用目的使用を中心にsystm化するのが望ましい。

※カメラ系ウエラブル端末等デバイスは第三者がそれとはっきり認識できるようにしなければならない
※カメラ系ウエラブル端末等デバイスのデータは携帯端末のアプリを通じクラウドに蓄積されるが、公的機関が認可した各国の法令順守に沿ったアプリ使用の義務がある。

 

2.
個人個人のクラウド上のデータをチェーンブロックし、改ざんなどへの対応も必要だが、クラウドAI、SQLデータベースシステムなどで統合する世界規模の核となる企業に集約することで、より利用しやすい環境を構築する。

3.
利用は公的機関がメインとなり、データは各国の法令に準じたものとなるが、その際報奨金や謝礼金などを使用したデータ提供者に還元されるようにすることでモチベーションをあげます。これはこのsystemの活性化につながるでしょう。

背景
日本は改正個人情報保護法によってより明確化した個人情報の範囲が、世界の国々に比べ、いまだ緩やかなものであるといわれていますが、3年ごとの見直しの附則に関与するためにこのsystemを現在のグレーゾーンへのくさびにするべきだと考えます。

中核組織
このsystemに興味を抱かれ、推進に全力を注がれる組織。または共同体

資金調達
このsystemに興味を抱かれるIT、クラウド、データベース、ネットワーク、AI などのグローバル企業に精通したスタートアップ関連企業など

人材確保
プランが少し広角なため、各分野に必要なスキル、コミュニケーション、ネットワークを持つ人材をグローバルに求める。

期待効果
現在のようにスポット的な防犯カメラでの犯罪抑止には、効果がかなり限定的だったものが、防犯カメラがあらゆるところにある状態を作ることにより、各個人の襟を正した生き方をのぞみます。

特に、子供や女性の方にとって、このsystemのウエラブル端末を所持していれば(稼働しているかいないかは別で見た目として)、事件に巻き込まれる可能性が格段に下がるでしょう。

将来展開
個人情報保護、プライバシー権、知的所有権、秘密保持などの契約等多くの課題が世界を巡るビックデータの波にのまれています。ですが、大切なことは人と人とがお互いを尊重し、共に幸せに歩んでいくことです。
その中で心の無い人が自己中心的に他人の幸せを壊すことが無いよう、自制と誇りを促す目的もこのsystemにはあります。

個人個人のプライバシーの領域に大きく踏み込んでしまうこのsystemは、人間だけの管理だけでは、どうしても脆弱さや危機感があるため、将来的に漏えいや、改ざんなどの防止のためにも各所にAIが利用されることで、確実な認知を得られると確信します。

まず実績を作れば堰を切ったごとくこのsystemは世界中に広まるでしょう

そしてこれが世界中に広まれば、付随にSNSや様々なコミュニケーションを組み込み、大きなネットワークが組成されていくならば、一層強固なsystemとなります

結論
現在すでに多くの個人情報がクラウド上にあり、携帯端末を持つ人においては名前、住所、連絡先、現在地、仕事、趣味、趣向など詳細な情報すら蓄積されています。
私たちの送ったメール、スケジュールは書き込んだデータですから当然蓄積されていますが、そうじゃないデータ。私たちの体調、私たちの思い、私たちの今おかれている状態。
書き込んでいないそれらの事さえパターンとして読まれています。

※貴方が自宅のキッチンで料理を作りつつ海外で車を運転しない限りには

 

これらの個人情報は現在経済活動を中心に活用されていますが、これからは人の幸せのために活用範囲を広げなければいけません。
その第一歩として自分と他人を守るための新たなデータ収取、利用方法として、このSEE systemをプランしてみました。
プライバシー権の強固なアメリカや欧州などに比べ、
まずたたき台として始めるにふさわしい場所がここにあると思います。

理想的には
公的機関に働きかけ特区にて実体化する地域にてsystemを導入し、その経験などから広めていくのが早期実現への早道でしょう。
ローカルエリアにおいてのコミュニケーションにならい、なるべく小さな地域での名乗りを期待すれば、過疎問題などの地域振興策にも役に立つはずです。

最後に
このsystemによって、犯罪が減り、危険情報の詳細な把握での早期回避。現地での事件事故の情報収集による対応、捜査機関への的確な行動が可能となる。

そのために、まず私たちがやってみるだけの価値がここにあるはずです。

蛇足
SEE systemは簡単に言えばみんなが防犯カメラをつけて歩いている。そんなイメージですが、これによって得られるもの、失うものは今の段階では未知数ですし、誰もこの領域に入り込みたく無い。これは本能、人間性とも言えます。

AI、グーグルディープマインド社のAlphaGoは囲碁において棋士との戦いにて全勝。その戦い型は人間性の無い戦術であったといいます。当然と言えば当然ですが、今やこの世界はそのAIとの共存への道に進んでいます。
今は精神的に受け付けられないことでも、やがて受け入れざる負えない時代が来るかもしれません。
それはこのSEE systemも随所でAIが管理していくからです。

私たちが得られるもの
私たちが失うもの

「また今日も自爆テロ」
そんな悲しいニュースが真っ白な紙に印刷され続ける現実
もうあの優しき笑顔に二度と触れることができないそのひと
世界で渦巻く苦しみ

だから
まず一歩踏み出そう
ここから

願うはあなたの幸せ
私の幸せ
心ある多くの人の幸せ
そのために

「Gifts From The Fairies」

SEE system (Sparrow Eyed Earth) Mick

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA