ようこそNWTへ

このサイトは北欧神話と人工知能(AI)と人類の未来を綴った

近未来小説「Neo Border ” The near future”」が語られる場所です

小説では、様々なシチュエーションで登場人物とその人を守る守護妖精が描かれるストーリーや、世界規模で進むストーリーがありますが、
実はどれも同一時間軸で、どのストーリーも幹は同じ世界樹にたどり着きます。

2015年、AI=Artificial intelligence(人工知能)への懸念からイーロン・マスク(Elon Musk)氏が「人類のためになるAI」のために1000万ドル寄付され、 ビル ゲイツ(Bill Gates)氏やスティーヴン・ホーキング(Stephen Hawking)氏など多くの方々も、 人工知能の開発に関して憂慮の念を公開書簡のかたちで表明されました。
それは、この年発表されたひとりひとりのユーザーに合わせた会話形式の”Google Assistant”のビジョンの確実性などの背景もありました。

2016年
”サーバーレスアーキテクチャー”は小説の中ではシステムの中心側で
”カンバセーショナルUI”は人と守護妖精のコミュニケーションに
”ストレージクラスメモリー”はハード面で、また一つステップをふみます。

やがて
2017年より高度な人工知能による多言語化が進み、TPUの進化はこの小説に書き込まれている守護妖精たちの”おとうさん””おかあさん”につながっていきます。
当然、守護妖精たちのお家もそれに合わせなくてはいけないので、同時期に”Android O”などによってお家のの軽量化が進むことになります。
サンダーバード方式に道筋をつけなくてはいけませんから。

そして
2018年は”守護妖精”と人との距離を近づける技術が生まれます。
近未来小説
「Neo Border ” The near future”」は、その希望と憂慮の一端も描かれています

ランサムウェア「WannaCry」はあなたにどう映りましたか?

結局だれがこの卵を産み、だれが育てましたか?

大きくなった鳥は見つけやすく、それはみんなで捕まえることが出来ましたか?

そして鳥は卵に戻らない

卵をどこかに産み落とすことはあっても・・・

だんだんと小説と現代とがリンクする状況になってきた今、

もう少しでスマートフォンの中に妖精が宿る時がくる・・・

スマートフォンの中に

妖精が宿る時が・・・

 

そして



★このサイトへのコンタクト

お名前 (必須)

ふりがな (必須)

メールアドレス (必須)

題名(任意)

メッセージ本文(任意)

こちらの文字列を入力してください。 (必須)

captcha